酒井航|DOUBLE=DOUBLE FURNITURE|福岡県糸島市

1対1というスケールにこだわる木工職人が削る

スプーンの口当たりを体感せよ。

文:引地かい

 

「結局のところ、建築のスケール感が大きすぎてしっくりこなかったんです。」福岡県糸島市に工房を構えるDOUBLE=DOBLE FURNITUREの酒井さん。彼はもともと大学では建築を専攻していたという。「建築における考え方のアプローチは様々ありますが、初期段階でその大半は1対300とか1対500というスケールで物事が進んでいきます。模型を作る過程でも、木の破片をペコペコっと曲げて「ダイニングテーブルです」という具合に。頭では理解していたものの、体に落ちていかなかったというか、感覚がついていかなかったというか、、、。それよりは1対1のスケールに近い家具の方が性にあっていた気がします。」

 

そうして酒井さんは家具職人を志し、大学卒業とともに岐阜県飛騨高山にある森林たくみ塾という実践教育機関に入る。そこはただ単純にものづくりの技術だけを教えるのではなく、木が育つ環境や自然との共存の尊さも体験させる教育機関で、どんぐりを拾ってきて山に植えるというカリキュラムもあったそうだ。100年かけて育てた木を使い、100年使われるものを作る。それもある意味1対1のスケールである。その後、長野県小諸市にて木工家具作家のもとでさらに腕を磨き、4年後の2011年に地元福岡に戻り、糸島に自身の工房を構えた。

 

現在はオーダー家具を軸としながらも、スプーンやフォーク、お皿などのカトラリーを製作し続けている。「1対1どころか、体内(口)に入るところまでスケールダウンしてしまいましたね。」と笑う。建築や木工家具の伝統的な技法を基に、カトラリー製作に関してはほぼ独学で習得したものとのこと。彼の工房で木の破片から1本のスプーンが出来上がるまでの工程を段階別で見せてもらった。それを見た瞬間、鳥肌がたった。木の破片から1本のスプーンが削りだれている、それこそ頭では理解できていたのだが、実際にその過程を目の当たりにすると、その尊さに驚愕する。整然と並べられたに木の破片の隣に、無造作に並べられた同じ形をしたスプーンたち。機械では表現できない立体的なフォルム、および先端部分の薄さ。それらはすべて指の感覚だけを頼りに、手作業だからこそ表現できる均一性なのだと彼は言う。

 

「いつかスプーンのフィッティングをやりたいんです。」なるほど。確かに生活雑貨の大半は購入前に、フィッティング=お試しができる。服や靴の試着はもとより、椅子やベッド、食品ですら試食というものがあり、購入しようとしているモノが自分の感覚、自分なりの心地よさにフィットするかを試すのだ。それも1対1のスケールに真摯に向き合う職人の思いなのだろう。

 

その日は、その場に食品がなかったこともあり、「フィッティング」はせず、スプーンを購入した後、家で使ってみた。そして驚いた。口当たりのよいグラスで飲むビールはいつもより美味しく感じる、という錯覚に近い。その存在を確実に下唇に感じながらも、運ばれてきた食べ物をすっと口の中に残し、嫌みなく姿を消すスプーン。大袈裟かもしれないが、そのスマートさににやけてしまった。

 

単純に今までそんなに意識していなかっただけかもしれない。しかし、このスプーンのおかげで、少なくともスプーンの口当たりを「意識する」ようになったのだ。自分の生活に少しだけ丁寧になったのだ。自分なりの心地よさをまたひとつ定義できたのだ。それだけでも十分価値のあることのような気がした。

 

 

酒井 航 | さかい わたる

福岡県出身。DOUBLE=DOUBLE FURNITUREオーナー兼木工職人。岐阜県飛騨高山にて木工を学び、その後、長野県小諸市にて木工家具作家、谷進一郎氏に師事。2011年に福岡に戻り自身の工房をスタート。伝統的技法を活用しカトラリーをつくる。1児の父。

http://dd-furniture.jp

 

double-double-furniture_01

double-double-furniture_02

double-double-furniture_03

double-double-furniture_04

double-double-furniture_05

double-double-furniture_06

double-double-furniture_07

double-double-furniture_08

double-double-furniture_09

double-double-furniture_10

double-double-furniture_11

double-double-furniture_12

double-double-furniture_13

double-double-furniture_14

double-double-furniture_15

double-double-furniture_16

写真:伊藤 大介